未分類

「もしも曲がり角で高橋一生と出会ったら」というコラムを寄稿しました。

投稿日:

まーたバカなこと言ってるわ、と思ってください。

以前、高橋一生と付き合える可能性という大バカな記事を書きました。

https://panko73.com/takahashi_issei

わたしが高橋一生さんをどのくらい好きかということをひたすら気持ち悪く語り続けているというnoteです。

今回は、もし、本物の高橋一生さんと街で出くわしたら、っていう気持ち悪い妄想を書きました。

途中、何度か冷静になりそうなタイミングもあったんですが、だめだ。振り返るな。冷静になってはダメだ。このまま最後まで突っ走るんだ!と、勢いだけで書き抜けました。こういうのは、途中で立ち止まると「わたしは一体公共の場で何を書いているんだ」となってしまうので、頭がおかしいタイミングが来たら、いまだーー!!と一気に行くことが肝でございます。

相変わらずくっだらねぇなぁ〜。バカかこいつは。ニヤニヤ。と思っていただけたら幸いです。

ぜひ、お読みください。

https://bunshosha.com/?p=1814

アナザーストーリーとして、イヤホンを拾ったあと、虫けらを見るような目で見られ、侮蔑されまくるっていう真の至極の喜びコースと、ぶつかったことで一生さんと入れ替わる、っていう「天国と地獄」コースもありましたが、怒られそうかな、と思い、流石にやめました。

本音を言うと、こんなのガチのイセクラのみなさんにボコボコにされるんじゃないかとか、流石にこれは滑ってんじゃないかと、実は書き終わってからも何度も不安になりました。

寄稿しようか、noteや個人ブログでこそっと公開しようか、死ぬほど迷いました。何度も「やめよう」「やっぱだめ元で出そう」「やっぱやめよう。こんなのクソつまらんわ、失望される」「滑ったって死ぬわけじゃないし」を繰り返しました。書き終わってから1週間くらい1日中これを繰り返していました。

いまだにどうしていればよかったのかな、って考えています。

恥ずかしながら、わたしには自分で書いたものが面白いのかどうか自分で判断できないところがありまして。出してみないとわからない、という無責任極まりないコラムニストです。もっともっと書いて、もっともっと出して、経験しなければなぁ、、、と思っています。

そうだ。もう一つ。高橋一生さんといえば、先日、大千穐楽を迎えた、高橋一生さん主演のNODA・MAP(野田秀樹さんが作・演出を手がける演劇)『フェイクスピア』がWOWOWで放送されるんですってよ!?

今さっき、そのニュースを聞いて、大喜びの舞を踊りすぎて偏頭痛がやばいです。よだれも垂れています。

とりあえず、よだれを拭いて、イブ飲んで、仕事に戻ります。それでは、また〜!

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高級食材、高級珍味を勝手に決めよう

もしわたしに「これは実は高級珍味です」って決められる権利があるとしたら、どの食材にしよう? いまいち美味しいのかどうか良くわからないような食材が、めちゃくちゃ高かったり(わたしの舌が貧乏舌なだけの可能 …

友達がいない

こんにちは。友達がいないパン子です。そんなこと言って〜、本当はたくさんいるんでしょ〜、って返されると電池切れた○○ちゃんみたいな顔になります。 本当なんだよ。本当になんでも話せる友達は、一人とか、二人 …

自宅でレーザー脱毛をしてみた。

みなさま、こんにちは。さて、春から夏へ、ニットから半袖へ。そうなってくると我々女子達が気になるのが…?そう。ムダ毛だ。今日はわたしが家庭用レーザー脱毛器と真剣に向き合ってみた話をしたいと思う。 現状の …

「スッスッハッハ!」が最終的に「我修院」になった思い出

先日、Amazonプライムで「バチェロレッテ」という番組を観ました。 主役の女性がとっても綺麗なんです。凛として美しく、品がよく、セクシーだけれど、筋肉がしっかりついていて、いやらしくなく健康的。その …