コラム

今回の人生ではもうあきらめた事。

投稿日:

平均寿命の半分あたりまで生きてきて、最近、もう今回の人生では諦めようかな…と思っていることがあります。

無理なんてことはない、絶対に諦めるな!と叫んでいたわたしの中の修造も、35歳をすぎた頃からはすっかり声が小さくなり、だんだんと(切ない顔で)キミもよく頑張ってる…もう…生きてるだけで、いいじゃない…。
みたいなことを言ってくれるようになってきました。

頑張って改善しようと何度も何度も、それこそ人生半分かけていろいろな努力をしてきましたが、どうにもならず…。もう諦めたい。

心が(器が)大きく、人間愛に満ち溢れていて、みんなに愛されていて、しっかり自分自身の人生を生きている人に出くわすと、ついついその人と自分を比較して、酷く打ちのめされてしまいます。

卑怯で、独占欲が強くて、嫉妬まみれで、器の超〜ちっぽけなわたしには、
そういう人の思考が壮大すぎて、尊大すぎて、自分が欠陥品に思えてしまいます。

わたしには無理だ。人間の出来が違う…。きっとわたしは生まれつきのクズだから、並大抵の努力じゃ変われないんだ。
でも…、そんなの諦めていいわけない。直さなきゃいけないに決まってる。というか、本当に変わりたいと望むなら変われるはず。変わるかどうかは、わたし次第だ。足りないんだ。本気出せてないんだ。
変わりたい人がちゃんと並々ならぬ努力をして、諦めずに変わり続けた結果が、あのようなすごい人たちなんだ。ずっとそう思ってました。


先日、知人の女性のこんな話を目にしました。

ーー 夫が、会社の方(女性)から「(要約すると)この前はありがとうございました。また飲みに連れて行ってください。奥様によろしくお伝えください」という内容のメモと一緒に軽い雑貨をプレゼントされた。
男女関係なく、周りからそんな風に頼られる夫を誇りに思っている。
こんな風にお礼の手紙やプレゼントなどの配慮ができる周りの人も素晴らしい。 ーー


ええ!?

マジで…

そんなのわたしだったら、直ちに浮気や不倫を疑って半狂乱だ……。

この前って何?聞いてないけど?
は、2人きりで?
待って待って。百歩譲って、仕事の相談で2人で飲みに行ったとしても「また連れてって」ってわざわざ手紙とプレゼントをよこすって…。
挙句の果てに、奥様にもよろしく、って一体どういうタマよ!?相手の小娘は!

夫はきっと、向こう3ヶ月お小遣いなしです。
いや、もっと酷いかも。

その知人女性は、妻として女としてではなく、人間として周りの人を見ています。その子に嫉妬するどころか、感謝をしています。
頼られる人柄である夫に誇りをもち、心で惹かれあって似たもの同士が集まった結果、素晴らしい心の持ち主ばかりに囲まれていて、自分は本当に幸せだ、と考えています。

なんて大きくて、カッコ良くて、心が綺麗なんだろう…。
彼女を見ていると、本当に毎日楽しそうで、人間愛にみち溢れていて、豊かな生活を送っているように見えます。
とてもわたしと同じ人種とは思えないほど尊い…。

本当、何食べたらそんな心でっかくなれんの?心デカデカの実とか?

夫が自分自身の人生を楽しそうに生きている事を喜び、仕事を頑張っている事、周りに頼られる人間である事に誇りを持ち、感謝する気持ち。
性別、年齢、属性関係なく人の心そのものを見る目、それから夫婦としての揺るぎない信頼関係…。

それらは、一体わたしの中のどこにあるんでしょうか?

全然、
どこにも見当たらないっ!

女性か男性か?
既婚?独身?
もしやもうできてるの?
わたしを出し抜いて二人で裏で馬鹿にしてる?
わたしは今後どうなるの?

単純な恋心などからくる嫉妬ならまだしも、わたしは、あろうことか夫を自分の所有物のように見てしまっていて、それをとられるかもしれない事に対して怒り、焦り、自分がないがしろにされるかもしれない事を不安に思います。

…自分のことばっかり。

本当になんて醜くて小さくて惨めな人間だろう…。

他者の気持ちを思いやれないどころか。
醜い嫉妬心どころか。
夫を、自分を保つための道具にしているかもしれません。

夫に対してに限らず、子供に対して、友達に対して、物や事象に対しても
同じように考えているかもしれない。

この知人女性のように、もっと器が大きかったら。人間愛に満ち溢れていたら。そばにいる人たちを心から愛していて、彼らの幸せを一番に考えられたら。信頼できたら。
ちゃんと自分の人生を生きていて、自分の存在意義を他人で証明する必要もなかったら。

わたしもそんな人間になれたら、どれだけ周りを幸せにしてあげられただろうか。
どれだけ心豊かに過ごせることだろうか。
一体、どういう順序を踏んで、何をどう努力したら、そのように生きられるのだろうか?


くだらないエッセイを書いて共感してもらったって、自己肯定感の低いツイートをして共感してもらえて、一瞬だけ自分を認めてもらえた感じがしてホッとしてたって、そんなものなんの救いにもなんない。
結局それも、他人に依存してるのだから。

何度も何度もこのような思いに飲み込まれてきました。
30年以上ずっと。

変わらなきゃ。もっと大きな心を持たなきゃ。
他人や、居場所に依存しないで、自分で自分自身を認めて、自分の人生を生きれる人間になりたい。


…でもね。
これをね。もう諦めようかな、って。


他者依存や、自分で自分を認められない事、大きな心を持つ事を諦めたらいかんだろ!って、思われる事でしょう。
普通こういうのって、「変わりたい!変わる!頑張リマス!」っていう方向で書くもんでしょ。

だって…、そんな事ね。もうわかってるんですよ。

どうなりたい、どうありたい、こうなりたくない。望むように生きたい。
変わりたい。変わらないといけない。
幸せにしたい。なりたい。
愛したい。愛されたい。

うるさーーーい!!!!!!!


散々この人生をやってきて、自分の事を考え、人間の事を考え、思考の癖や、行動の癖、直そうと努力してきました。

嫌われる勇気、引き寄せの法則、自己肯定感をあげる本、対人療法の本、哲学書、いろんな啓発本、いろんな人の文章を読んできました。
(変な宇宙愛のセミナーとか、スクールとかにも通ったし)

だけど、もう人生も半分すぎて、折り返しをすぎた頃。

どうしたって無理!

わたしは器が小さい。
女にも男にも子供にも老人にも嫉妬するし、チヤホヤされたいし、独占欲も強いし、すぐ寂しくなっちゃうし、自分がないし、いつも何かしらに依存しちゃってるし。だから人との距離感すぐ詰めちゃって失敗するし。

もう、でもこれでいい。

でっかい人と比較して、ちっさい自分、変われない自分に落胆して、自分を欠陥品と思ってしまってクヨクヨし続けるより、もう諦めて残りの人生これでいく。

もう、生きてるだけでえらい。

開きなおってズブズブに依存して生きていこう!どんどんドロドロに嫉妬して行こう!っていうんじゃないです。
どうしたって嫉妬しちゃうよ。でも、その分ちゃんと愛して、ごめんなさいも全力で伝える、っていうのだったら?
器が小さくて感情が溢れて、周りに不機嫌を撒き散らしてコントロールする、とかではなく、
正直に弱く、素直に柔らかくいたい。

できたら他人や居場所に依存しないで、自分の好きな事ちゃんとみつけて、自分で自分の機嫌も取れるようになりたい。
自分自身で立つ。もちろんそうありたいとは思ってます。それは大前提。

でも、今回の人生ではもう理想の姿に100%なることは諦めてもいいんじゃない?
そうでない自分を戒め、罵って、どんどん暗くなるのはもうやめたい。

人生残り半分だし、もうそういう自分とうまく付き合いつつ、こんなんだけど、他の良いところを伸ばす意識で生きるのはどうだろう?(あるかどうかは知らんけど)それも自己肯定の一つじゃない?違う?笑

そう考えてみるのも、ありかもしれない、って。

2021年は、いろいろ諦めて、楽に生きてみます。

 

-コラム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めての吸水ショーツ体験記!

実際どうなの? 吸収力は? 洗い方は? 匂いは? つけ心地は? 書きたいことがいっぱい!初めてその存在を知ったのは、Twitterのタイムラインに広告が流れてきた時。それはそれは衝撃的でした。ナプキン …

自分が無い。

「どうしたい?」と聞かれても、どう答えてほしいんだろう?と、考えてしまう。「どう思う?」と聞かれても、どう答えたらどう思われるだろう?と、考えてしまう。 どこへ行きたい?なにが食べたい?何時まで居られ …

夏休みの読書感想文で商売をした思い出

読書感想文がテーマのイベントをみかけると、いつも思い出すことがある。子供の頃、他人の読書感想文を書きまくって大儲けをした記憶だ。後にも先にも、人生であんなにたくさんの感想文を一度に書いた機会は他にない …

高橋一生と付き合える可能性

とても大事な話ですので、今回は落ち着いてお話したいと思います。 ご存知の通り、星野源さんが新垣結衣さんとご結婚されます。ははは、おめでたいですね。 仕事が手につかないから今日は帰る、明日は休む、実家に …

口内炎はわたしに一体何を伝えたいんだ

人間の体は痛みや違和感によって「ここらへんがやばいよ」と「体の主」に伝える仕組みになっている。 お腹が痛い時は「胃腸あたりにやばいもんあるぞ、出さんとやばいぞ」頭が痛い時は「寝不足、血の巡り具合、なん …