コラム

みんながわたしを嫌いなんじゃないか不安。

投稿日:2021年11月17日 更新日:

あの人も、この人も。わたしのこと嫌いなんじゃないかな…

いつもそんなことを思って、不安でいる。

話しかければニコニコしてくれているけど、「話しかけられた時はね。にこにこするよね。大人だし」ってしてるのかもしれない……

一旦思い始めると止まらない。

考えだすと気になって何も手につかない。どうにか不安を取り除きたくてまたTwitterを開く。

「やっぱり……あの人からのいいねはついてない。決定だ」

みぞおちのあたりから、きゅーっと黄色い何かが湧いてくる……。頭の中があの人の「嫌い」でいっぱいになってしまい、眠れない。

そこまでみんな、私に興味なんてないから。みんな自分のことで忙しいから。私を嫌いになるほどのパワー、わざわざ私なんかに使わないから。

そう言い聞かせても、次から次へと頭に浮かぶ、過去のやりとり。

もしかしたら、あの時ああ言った時に心を決めたのかも。
もしかしたら、あの人が私を嫌うように言いくるめたのかも。
もしかしたら、あの時のあの発言が気に障って、嫌われたのかも。

遠くに住んでて、実際には会ったこともなく、きっとこの先も会わないであろう人に対してまで不安は及ぶ。

どうしてもご機嫌をとりたい。誰一人として私を嫌いでいて欲しくない。

嫌いですよね?私のこと。お願いだから、それ、ちょっとだけでもやわらぎませんか?

「彼女に好かれるような発言をしよう!」と努めてしまう。そんな自分にもううんざりだ。

誰かに頼られたり求められたりするとすごくすごく嬉しくて「この人ちょっと……あれ?寄りかかられてる?」って思っても、つい応えてしまうし、力になりたいと思ってしまうし、ここでもやはり嫌われたくなくてご機嫌を取ろうとしてしまう。彼らは、依存できる相手なら誰でもいいのかもしれないのに。

今そばにいて、私を大事に思ってくれる人は「好き」って言ってくれてるからいいか、と蔑ろにして、嫌われている人たちの機嫌を取り戻そうとしてしまう。

ーーーなにやってんだ。

本当に大事な人たちにちゃんと向き合わないでどうする?

そんなことは百も承知。いつもそう、気持ちを切り替えようとはするけれど、数分経つとまた、彼、彼女の「嫌い」で頭はいっぱい。

みんなに好かれる(と勝手に思い込んでる)優しい、面白い、頑張り屋の「わたし」の理想像を演じているけど、本当はそんなの全然「わたし」じゃない。

変わりたい。強くなりたい。本当の意味で強くなりたい。

-コラム

執筆者:


  1. コトラ より:

    いつも楽しく読ませて頂いております。
    とは言っても初めて読んだのは、1週間くらい前なのです。
    生理をトイレットペーパーでやり過ごしていた話をツイッターで見つけて、何となく読んでみたら面白くて、他のも読みたくなりました。
    読書感想文でお小遣い稼ぎをした話や、脱毛の話など、普段は文章を読まない私ですが、一気に引き込まれました。
    ツイッターやインスタもフォローし、「猫が好きなんだ!」とか、シンクロフィットや吸水ショーツのお話など、私と興味がある事が似ていて、勝手に親近感が湧いております。
    文章を読んでクスッと笑ったり、「はぁ〜わかるわぁ!」と思ったり、ワクワクしながら読んでいます。
    長くなりましたが、つまり何が言いたいかと言いますと、パン子さんの書く文章が好きです。
    寝る前に、ぬくぬくしながら過去の文章を読むのが今の楽しみになっています。

    • パン子 より:

      コトラさん、コメントありがとうございます☺️

      すごく、すごく嬉しいです!どうやって書いたらこの気持ちを伝えられるんだろう!
      本当に、私には書くことしかできないので、面白かったって言ってもらえると、大袈裟ですが、ここまで生きてきてよかった!とすら思います。
      本当に、本当にありがとうございます!
      これからも、よろしくお願いします!!! 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スーパーの入り口で知り合いに遭遇した時。

スーパーの入り口で、微妙な仲の知り合いに遭遇したら、どうしますか? 陽キャの方にはもしかしたらこの質問の意味すらわからない可能性もあるかもしれないですね。もしや「奇遇じゃん。買い物して、そのあとお茶で …

前髪はいつまで作っていいですか?

拝啓、かたせ梨乃様。あなたはいつまで前髪を作りますか?わたしは現在37歳の女です。前髪が非常に中途半端な長さの昨今、また眉毛下くらいで切ろうか、はたまたそろそろ観念して伸ばした方がいいのか、悩み中です …

夏休みの読書感想文で商売をした思い出

読書感想文がテーマのイベントをみかけると、いつも思い出すことがある。子供の頃、他人の読書感想文を書きまくって大儲けをした記憶だ。後にも先にも、人生であんなにたくさんの感想文を一度に書いた機会は他にない …

初めての吸水ショーツ体験記!

実際どうなの? 吸収力は? 洗い方は? 匂いは? つけ心地は? 書きたいことがいっぱい!初めてその存在を知ったのは、Twitterのタイムラインに広告が流れてきた時。それはそれは衝撃的でした。ナプキン …

プロのコミュ障が、陽キャ26名と旅行に行くとこうなる。

私はプロのコミュ障である。 コミュ障だが、パッと見、そうでもないように見せることができる。他人と関わる時は、あらゆる行動パターンを数日〜数ヶ月前から予想し、話題や振る舞いをあらかじめ準備しておく。明る …